ABOUTUAEとは

子宮動脈塞栓術(UAE)は、
欧米を中心に世界中で広くおこなわれている治療です

UAEってどんな治療?

子宮動脈塞栓術(Uterine Artery Embolization)は、カテーテルという細い管を用いて行われる治療(血管内治療)で、開腹を必要としない低侵襲な治療です。

画像引用元:IVRナビ(日本化薬株式会社HP)

血管内治療は、子宮筋腫に限らず多くの疾患を対象に行われている治療法です。
これまで日本では、自費診療としてUAEが行われてきましたが、2014年から保険診療として治療を受けることが可能となりました。 

UAE治療のイメージは?

  • 治療前

  • 治療後
    筋腫の縮小・血流の低下が得られている

UAEのメリットやデメリットについて教えてください

MERITメリット
  • 子宮を残すことができる
  • 大きな傷跡が残らない
  • 入院期間が短く、社会復帰が早い
  • 輸血を必要としない
  • 局所麻酔で治療ができる
DEMERITデメリット
  • 将来妊娠を希望する方は適応となりません
  • 再治療が必要な場合があります
  • 組織検査を行えないので、悪性腫瘍を完全に否定できません
  • UAEの手技に伴う、副作用や合併症があります

どのような副作用や合併症がありますか?

<代表的なもの>

  • 術後の疼痛や発熱
  • 感染症
  • 卵巣機能の低下
  • 筋腫分娩※

  • ※UAE後に壊死した筋腫が子宮内腔から離れて、子宮口へ排出されること

治療前後の流れ

  1. 01お問い合わせ

    産婦人科 外来までお電話下さい。
    外来診療の説明をします。

  2. 02受診

    子宮筋腫の症状についてお尋ねします。
    また、子宮筋腫の治療や検査について説明します。

  3. 03診察 / 検査

    婦人科的診断·画像診断(造影MRI)などをもとにUAEが可能かを判断します。
    *症状や検査結果によっては、他治療をお勧めする場合もございます。
    同じ日に放射線科外来も受診して頂きます。

  4. 04治療

    入院治療となります。
    入院期間は3~5日程度を予定しておりますが、術後の状態により適宜判断します。

  5. 05退院後

    約1週間で社会復帰が可能です。
    退院後は定期的に婦人科·放射線科を受診していただきます。

UAEの治療費用の目安は?

UAEによる治療は保険診療の対象となります。
また、自己負担額が一定の金額を超えた場合、『高額療養費制度』による負担軽減措置を受けることが可能です。

当院におけるUAE治療の特徴は?

  • 8名のIVR専門医が年間1200件に及ぶ日本有数のIVR手技数を行っており、経験豊富な術者がUAEを担当します。
  • IVRセンターには25名の看護師がおり、そのうち6名が(INE:インターベンションエキスパートナース)という専門の資格を有しています。
  • 8台のCT、4台のMRIが設置されており、18名の日本医学放射線学会専門医が質の高い画像診断を行っており、UAE前後の画像所見を詳細に検討することができます。
  • 19名と数多くの日本産科婦人科学会専門医が在籍しており、中でも子宮筋腫について経験·知識豊富な女性医師がUAE外来を担当致します。
  • 麻酔科医が常駐するICUを備えており、緊急時の集中治療体制が整っております。