一般社団法人 日本消化器がん検診学会一般社団法人 日本消化器がん検診学会


司会の言葉
主題:パネルディスカッション
「胃がん検診新指針後の現状と展望」

司会  小林正夫 京都第二赤十字病院
藤澤 靖 京都予防医学センター


 平成28年2月に、がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針が改訂され、胃がん検診のあり方が変わろうとしています。指針では、これまで胃がん検診として認められていた胃X線検査に胃内視鏡検査が加えられました。現在、各市町村において新しい胃がん検診システムの作成作業が進んでいることと思われます。本パネルディスカッションでは、胃X線検診や胃内視鏡検診、地域によっては胃がんリスク検診なども含め、胃がん検診の現状をご報告いただき、今後、胃がん検診はどのように変わっていくべきか、将来展望について討論し、今後進むべき胃がん検診のあり方について考えたいと思います。
 医師だけでなく、診療放射線技師、保健師の方からも積極的にご応募ください。

戻る≫



Copyright (c) 2017 第46回 日本消化器がん検診学会 近畿地方会 All Rights Reserved.