研究:研究協力のお願い(オプトアウト)

研究:研究協力のお願い(オプトアウト)

当科では以下の臨床研究を現在進めています(既に終了したものもあります)。各患者さんによって対象となる臨床研究は異なります。患者さんの臨床データは学会発表や論文に使用させて頂く場合がございますが、個人情報は匿名化され公開されることはありませんのでご安心下さい。ご一読頂き、ご自身の検査結果や治療結果の研究への使用をご承諾頂けない場合は、奈良県立医科大学 放射線・核医学科までご連絡ください。

腹部大動脈瘤に対するステントグラフト留置術時の下腸間膜動脈塞栓の有用性の評価:多施設前向き無作為化比較試験 Randomized controlled trial of preemptive inferior mesenteric artery embolization during endovascular aortic aneurysm repair (Clarify-IMA)
2019.11.14|オプトアウト

腹部大動脈瘤に対するステントグラフト留置術時の下腸間膜動脈塞栓の有用性の評価:多施設前向き無作為化比較試験

Randomized controlled trial of preemptive inferior mesenteric artery embolization during endovascular aortic aneurysm repair (Clarify-IMA)

【腹部大動脈閉塞症に対する血行再建術の現状を検討する多施設後ろ向き観察研究】のため当院に入院・通院予定もしくは入院・通院されていた患者さんの診療情報を用いた臨床研究に対するご協力のお願い
2019.11.14|オプトアウト

【腹部大動脈閉塞症に対する血行再建術の現状を検討する多施設後ろ向き観察研究】のため当院に入院・通院予定もしくは入院・通院されていた患者さんの診療情報を用いた臨床研究に対するご協力のお願い

 

« 前のページへ